天海春香さん。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぴーぶいの作り方
久しぶりにアクセスカウンタ覗いてみたら、ぶっ壊れててわろた。
今日のアクセスが全部午前5時に集中してるってどういうことなの・・・
昨日の分とか10分の1しか集計できてないし。
さすがにありえんwww


皆どうやって作ってんだろーね。
まぁ、順序が変わるぐらいでそんなに差はないと思うけど。
使用ソフトはAfter Effectsのみ。

①曲。曲を決める。
俺の場合は一目惚れみたいな感じかな。
聞いたときに「あ、これでやろ」みたいな感じで。
好き嫌いとか良く聞くとかはあんまり関係ないかも。

②曲のBPMを計る
手動で。自分の手でやらんと気が済まんだけ。

③踊り(曲)の決定と出力
使用曲に合ったダンスの曲を選ぶわけね。
と言っても、俺の場合は可愛い系の一択だけど。
で、速度調節した状態で一回出力。これは仮組用。
速度は②で出したBPMを元にして計算。大体±20%ぐらいの範囲のやつになるかな。

④歌詞付け
コンポの中に曲突っ込んで、流しながらマーカー打っていくの。大体でおk。
0211a.png
で、マーカーに合わせて歌詞つけてって一回プレビュー。
ずれてるとこがいくつかあるから、細かい調整をしてタイミングを合わせる。
修正はキリが良いから5フレーム単位でやってるね。
ここで打って修正したマーカーがダンス組むときの切れ目にもなるわけ。

⑤仮組
③で出力したダンスを見つつ、使用曲流して合いそうなのを考える。ついでに演出も考える。
合いそうだと思ったら、とりあえずコンポに突っ込んで埋めていく。
中々埋まらないとこは、その部分だけ頭で流しながら考える。
歌詞から勝手に踊りが決まっちゃうとこもあるね。
全部埋まったら一回出力して確認。大体合ってればおk。


後は素材撮って、細かい速度調節。
それから演出部分に手つけて、最後に始まりと終わりを作って終わりかな。

速度調節は、タイムリマップで全体を大まかに調整した後、一つ一つの動きを調節していく感じ。
その辺はここにも書いてます。
後はカットインとかちょっとした演出で誤魔化せばシンクロ率アップってわけっすねー。
あまみけはすげー誤魔化してるからw

シンクロは足で合わせるようにしてるかな。足ないときは腰の辺り。
曲流して指でトントンしながら、ステップが合ってるかどうか云々。
あまみけ見てもらったら分かると思うけど、一部除いて合ってるはず。
上半身は基本的に見ないね。
音ゲーやってて良かったと思うのはここw

後、シンクロとかとは関係ないけど、素材は全部自作するようにしてるね。
仮に公開してある素材にぴったりのがあっても、それを使わずに同じようなのを作る。
何か嫌じゃん? 自分の動画に他人のものが入り込むのって。
まぁ、戦記なんかは妥協してる部分もあるけど・・・
いつか何とかしたいと思いつつもめんどくs

まぁ、大体こんな感じかな?
こうして見ると、結構感覚的に作ってんのよね。仕方ないっちゃ仕方ないか。
本来そういうのは苦手なんだけど。
そもそも、他の人と違って「表現したいもの」が漠然としすぎなんだよね。
だからなのかも。いや違うか・・・
まぁ、結構どうにでもなるってことで。
作るのに技術はいらんね。今回のでそれが良くわかったよ>>感謝

ちょっと追記。
カメラワークは適当ですわ。そういうの全然わかんねー。
後エフェクトとか抜きは多用しないようにしてるかな。
シンプルになるように心掛けてる。言っちゃえば昔のMADみたいな感じ?
まぁ、見てもらえれば分かると思うよ、うん。
 
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。