天海春香さん。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り返るこの一年
言うほど振り返ってない。
だって、過去よりも未来を見つめなきゃ。
だれうま


そもそも俺がニコニコに来たのはβの頃、「とかちつくちて」が流行る少し前ぐらい。
その頃はアイマスには全く興味はなく、とかちを見てみても今の僕には理解できない状態だった。
別に嫌悪感みたいなものは持ってなかったけど。

そんな感じで全くアイマスに触れない時期がしばらく続く。
とは言え、アイマスの名前は結構頻繁に出てくる。ランキングとかにね。
何となく俺も気になってきて、「つーかアイマスって何? ギャルゲ?」ってことで見始める。
見始めるものの、どれを見てもただ踊ってるだけ。
特に何か感じるものもなく、結局アイマスがどんなゲームなのかも分からない。
とりあえず、ランキングに入ったやつだけボーっと眺める日々。

で、しばらくして運命の出会いその一。

「あぁ、アイマスってやっぱりギャルゲーなのかー」

その後、永井先生の実況プレイを経て、この動画に辿り着く。
運命の出会いその二。

"どんなゲームか知るには、プレイ動画を見れば良い"ということに永井先生のまで気付かなかったっていう。
それはともかく、これが俺に一番影響を与えた動画なのは言うまでもない。
これを見終わった時には、箱○とアイマスを買う決心は着いてた。
「結構ゲームとしても面白そうじゃないか」

余談だけど、俺はアイマスの動画からはほとんど影響を受けることはない。
それは多分、動画を作る姿勢というか、心構えみたいなものが確立してるからだと思う。
どうでもいいっすね。

その後は知っての通り。

アイマスPとニコマスPと、両方を同日デビュー。
プレイ動画を一通り見てたってのと、アイマスはゲームとしての難易度は温いもいいところ。
オデに慣れさえすれば、評価S出すのは特に苦労しなかった。
ちなみに、これをあげた当初はMADのMの字もなかった。

俺がMADを作り始めた明確なきっかけってのは特にない。
色んな動画を見てるうちに、「俺もやってみようかな」っていう、多分その程度。
アイマスで作り始めた理由も正直言うと分からない。
でも、アイマスでないとダメだったってのだけは確か。
例えば東方でやってたら、今はもう作るのやめてると思う。

少し話はそれるけど。


俺は所謂閣下が生まれる瞬間ってのをリアルタイムで見てきたわけね。
ただ、その時には春香がどんな娘かも知ってたし、特に揺らぐものはなかった。
まぁ、この辺は多くは語るつもりはないけど。
不人気の頃から春香のことは好きだったってだけ。

で、紆余曲折しつつ、この動画を作るに至る。

実を言うと、これが一番初めに浮かんだネタだった。
あくまでネタが浮かんだ時間の話ね。
後、今の俺の考え方が固まってきたのも、これの連載中。後半の方からではあるんだけど。
とは言え、根元は最初から何一つ変わってない。
ただ単に前より形がはっきりしてきたってだけ。

この動画は、動画としての作り込みも甘いし、正直見られるようなものじゃない。
それぐらい酷い。立派な黒歴史。
ただ、ある一点においてだけはこれ以上の傑作はもう作れないとも思ってる。
俺は普段から「自分のやりたいようにやる」って言ってるけど、それはまさにこの動画そのものなわけ。
別にこれ以降の作品がそうじゃないってわけではないんだけど。
多分、これが"初めて"だからだと思う。
だから、もう超えられない。


まぁ、こんな感じ。あんまり振り返ってない気もするけど、こんな感じ。
これ以降の作品は特に語ることもないし。
あぁ、そうそう。
よく黒歴史黒歴史って言ってるけど、別に他の動画に負けてるとか思ったことないし、言ったこともないから。
 
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。