天海春香さん。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMF 第十話 後編


何で前後編にしたんだろう、結局。
それなら真美んときもしろよって話。
しかも一つSE入れ忘れてた。でも、もう遅い\(^o^)/

 何でこんなシリアスになったんだ!
どうも千早+胸ネタ=シリアス
なんていう訳の分からん法則が・・・。
まぁ、千早に関してはもう胸ネタは出てこないけど。
真面目なとこがちーちゃんの魅力ですよね!

 冒険の展開が都合良過ぎる? ですよねー。
俺もどうかなーとは思ったんだけど、まぁいいかって。
架空戦記って言葉で全部許されると思ってる。

 冒険にもうちょっと会話入れたいんだけど、うーん・・・。
やっぱり中々うまくいかないもんです。
地図の使い方は思いついたんで、次の冒険で少し進化するかも。
 編集の方は結局前と同じ。
よくよく考えたらこっちのが楽だということに気付いた。

 さて、ついに春香同士が顔を合わせましたね。
いや、だからどうってわけでもないんだけど。どうするかとかはまだ何にも考えてないんだぜ。
まぁ、常にその場の思いつきですからね。よく十話も続いてるもんです。
 実は当初の予定ではこの辺りで終わる予定というか、
終わらせたかったんですよね。あんまり長々とやるのは好きじゃないんで。
でも、まだ一年とちょっと。単純計算で五十話ぐらいまでいっちゃいますね、これだと。
とりあえず、三十話を目処に、かなー。

 じゃあ、次は前編ですね。あれ? 普通逆か・・・。
カラコン自体は最初からあった設定なんで、どっかで遊びたいなーとは思ってました。
 で、今回入れた理由はですね。
俺が赤眼に慣れすぎた。お陰で普通の春香見ると違和感感じるように。
これはまずいってことで、急遽入れたわけですよ。
オッドアイはついで。何か思いついたから。

 ゴリ押しはあれ。他に思いつかなかった。
どうやってなだめようかなー→あぁ別にゴリ押しでいいのか・・・って。

 あぁ、そういや最後だけどうするかは決まってる、というかこの前思いつきました。
最終話ではなくエピローグ。まじ意味ねー。 
 
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。